国語

【小・中・高】国語の難関?国文法解説 ~形容詞の見分け方~

投稿日:

藤山先生

皆さんこんにちは。

国語担当の藤山です。

今日は前回に引き続き、文法について説明していきたいと思います。

今回はズバリ形容詞についてです。

 

藤山先生こんにちは!

今日は形容詞だね、よろしくおねがいします!!

 

藤山先生

形容詞は名詞を修飾する品詞と習いませんでしたか?

この表現、なんだかややこしいので、1つ1つ分解してみましょう!

名詞とは、例えば『・『食べ物』・『』などがあります。

※実際には、世の中には数えきれない程の名詞が存在します。名詞の詳しい説明はまた今後しますね!

修飾するというのは、語句の意味を強くしたり、詳しくしたりすることを言います。

では、形容詞の『形容』とはどういう意味でしょうか?

 物事の姿・性質・ありさまなどを言い表すこと。

また、他のものにたとえて表現すること。

(デジタル大辞泉より)

つまり、形容詞とは「物事の姿・性質・ありさまなど」を言い表す言葉ということです。

例えば、『犬が走っている』という文。

この文の主語である『』が名詞ですね。

これだけでも文として成立していますが、

黒い犬が走っている』のように

』という名詞に『黒い』を追加すると、

「この文で出てくる犬は毛が黒い」ということが伝わります。

このようにあるもの(名詞)についての詳しい情報を追加する、

そういった役割を持っている言葉が形容詞です。

他にも色々あります。

例:怖い人かと思ったら優しい人だった

この文の形容詞は何でしょう?2つありますね。

正解は『』について詳しい情報を追加している、

怖い』と『優しい』が形容詞です。

さて、さくらっこくん。

ここで問題です。

形容詞を見分ける方法があるんだけど、なんだと思いますか?

この見分ける方法は全ての形容詞に共通しているから、

さっき出てきた『黒い』『怖い』『優しい』の中にも答えがあります!!

 

むむ…。なんだろう?

言葉の中に答えがある?

言葉の意味とは関係がないんだよね…。

 

藤山先生

そう。言葉の意味とは関係ないんだよ。

では、正解の発表します。

それは、言い切りの形、辞書に載っている時の形が、

「~い」で終わる語句。それが形容詞なんです!

例えば、楽しい・しんどい・赤い・難しい…とかもそうです。

全部「~い」で終わっていますね。

詳しく説明をすると逆にややこしくなってしまうので、

今回の説明はここまでにさせてください。

形容詞の見分け方、案外簡単ですよね?

このブログをここまで読んでくれてありがとうございます。

今日からあなたも形容詞マスター(初級)です。

これからも国文法はややこしい…って思っている方にも

読みやすい解説を目指していきますので、

よろしくお願いしますね👍

 

これからもよろしくお願いします!

藤山先生ありがとうございました!

-国語
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.