さくらっこからのご案内

【夏休み特集!】ワンランク上の読書感想文を目指そう!読書感想文の書き方講座!

第2章 「読書感想文」の書き方

「読書感想文」のように長い文章を書くときは、いきなり原稿用紙に書こうとしてもなかなか進まなくて、書いては消して、書いては消して、を繰り返していませんか?

実は、文章が長ければ長いほど、前もって準備することが大事なんです!

では、前もって準備するとは、何をしたらよいのでしょうか?

次の1~4の手順に従って書いていきましょう!

 

1,まず、本を読みながら思いついたことをどんどん喜怒哀楽メモカードに書いて内容をプラスしていこう 

本を読みながら思いついたことをノートやメモに書き出していきましょう!

メモ用紙なら、書いたものを本にはさんでおくことができます。

登場人物の生活や行動・考えなどに注目しながら本を読んでいき、「楽しい」「おもしろい」「すごい」「びっくり」「ひどい」「悲しい」と思ったところや、自分と比べられそうなところを見つけて書き出してみましょう。

自分とは全然違う。あるいは自分と同じだと思うところを書きだすのがコツ!

本を読みながら思いついたことをノートやメモに書いたら、次はそれをふくらませること!メモ程度でOK!

 

【レベル1…基本のやり方】

①なぜ、「楽しい」「おもしろい」「すごい」「びっくり」「ひどい」「悲しい」と思ったのか?理由を書きましょう!

 

②本の内容と比較して見えてきた、自分の生活・行動・考えを書きましょう!

⇒自分の生活・行動・考えについての具体例やエピソードがあれば、簡単に書きくわえましょう!

 

【レベル2…広げる、げる、めるためのキーワード】

◎なぜ 「なぜ登場人物は〇〇したのか?」を考える。

・「なぜ私は~と思ったのか?」と自分の意見の理由を考える。

 

◎どうすれば 「どうすれば登場人物は~できたのか?」を考えてみる。

・「どうすればよい(よかった)のか?」

 

◎もしも     「もしも私だったらどうするか(どう思うか)?」と考えてみる。

・「もしも登場人物がこうしていたら・・・」と仮定して想像してみる。

 

本を読み進めて感じたことや考えたことは、ノートやメモにどんどん書き出し、ふくらませていこう!

これで作文の題材候補がどんどんたまっていくのです!

 

2,材料から作文の題材を選び、「基本のかたち」を決める。 

ノートやメモ用紙に書き出したことの中から、より話をふくらませられそうなものを選びましょう!

あらかじめ、「読書感想文」の「基本のかたち」を頭に入れておき、「基本のかたち」どおりに文章を書いて行けそうかどうかで、選ぶと良いですよ!

メモ

「基本のかたち」とは、段落をいくつにして、それぞれの段落にだいたいどんなことを書くのか、といった作文の大まかな内容のこと。あくまでも予定なので、あとでいくらでも変えてよいです!何も考えずにいきなり作文を書くのではなく、しっかり予定を立ててから書くことが大事ですよ!

 

「読書感想文」の「基本のかたち」

※①~⑤は段落番号です。

パターンA(基本形) 本の内容よりも自分のことを中心に書くとき

①「私はこう思った。」

…自分の感想・意見をバンっと書く(インパクトが大事)

 

②「なぜなら、△△だから。」・「もしも私が〇〇だったら△△だから。」

…行動や考え・衣食住について登場人物と自分をくらべる

 

③「たとえば、私は~のときに、~だった。」

…具体的な例を使って自分がどんな人間なのかを説明する

 

④「だから、~だと思う。」・「だから、私には~が必要だ(~が課題だ)。」

…②③のまとめ(②③をふまえた自分の反省点や課題)

 

⑤今後の抱負(④の反省をどう生かすか)

…思いっきり前向きにかっこよく書く!

「はずかしい」、「くさい」と思うぐらいがちょうどよかったりします(^^)/

 

パターンB(発展形) 本の内容を深く掘り下げ、発展させた内容を書きたいとき

①「私はこう思った。」

②「なぜなら、~だから。」

③「たとえば、~のようなときは~だ。」

④「もしも、~だったら、~だ。」←この「もしも~だったら」が本の内容を深く掘り下げるコツ

⑤「だから、~だと思う。」

 

題材(テーマ)はできるだけ1つにしぼろう!題材(テーマ)は多くても2つまでにしておきましょう!

 

3.いざ、下書きをする。

①段落ごとの「書く量」をだいたい決めておこう

各段落に書くことを予定している内容から、各段落必要(行数)えましょう!

下書き用の原稿用紙目安の線を書く!

一度、下書きをしてみて、多すぎるところはり、少なすぎるところはもっと具体的に書くなどしてやしましょう!

 

②作文のルールを確認

句読点や「 」の書き方。

段落の一字下げ。タイトル・氏名の書き方。話し言葉禁止。など

 

③「です・ます」より「だ・である」がオススメ

…書きやすく、力強くてインパクトがありますね!

ムダな字数をとられない。

 

④「て」・「に」・「を」・「は」・「が」・「の」・「へ」(助詞)の使い方に注意

…間違えると文の意味が変わってしまうぞ!使い方には気をつけよう!

 

⑤主語と述語の関係に注意

・文の中で主語が変わる場合は、変わった部分の主語を書くようにしましょう!

()「妹に消しゴムをあげたらありがとうと言った。」←「ありがとう」の前に「妹が」を入れる

⇒「妹に消しゴムをあげたら、妹がありがとうと言った。

 

・主語と述語をなるべく近くにしましょう!

主語・述語の間に修飾語を入れすぎるとわかりにくいですよ!

 

⑥1つの文が長くなりそうなときは、いくつかの文に分ける

…1つの文が4行をこえたら要注意です!!

 

⑦文と文、段落と段落をつなぐ「つなぎ言葉(接続語)」をうまく使おう

「だから」・「でも」・「しかし」・「たとえば」・「また」・「そして」など

 

4,ついに、清書。

下書きで書いた文を推敲しながら、清書していきましょう!

他人が読んで、読みやすい字で丁寧に書こう!ここまでできれば読書感想文完成です!

※推敲とは、文の表現をあれこれ考えることです。

 

―次ページ 第3章 学年別「読書感想文」の書き方―

小学生1~2年生・3~4年生・5~6年生に分けて読書感想文の書き方をお伝えいたします。

次のページへ >

-さくらっこからのご案内
-, , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.