社会

石田が歴史の各単元の学習ポイントをお伝えします! 第8弾

投稿日:

石田先生

こんにちは!さくらっこくん!

歴史担当の石田です。

 

こんにちは!歴史担当の石田先生!

 

石田先生

前回は夏休みの課題を有意義に進めるための方法を伝えました。

結果として、奈良時代のまとめの後半までに少し期間が空きましたね。

前半の内容を忘れてしまった方は、前半の記事を確認してください。

歴史学習のポイント~基礎の基礎編~

 

覚えているけど、一応確認してきます!

 

石田先生

何事も復習が大切だから、確認することは良いことですね。

それでは、奈良時代の後半をまとめていきましょう。

後半では、奈良時代に覚えるべき人物をまとめていきます。

奈良時代のまとめ② 聖武天皇と天平文化

 

奈良時代を掴むための中心人物:聖武天皇

仏教の力で国を守り、人々の不安を取り除こうとした。

⦅原因⦆当時、ききんや全国的な伝染病の流行で人々が苦しんでいた。

【具体的には…】

①地方国分寺国分尼寺を建設した。

②都東大寺を建設した。→大仏をつくった:僧であるの協力があった。

③唐招提寺:唐から渡ってきた鑑真によって建てられた。

⇒寺院や僧侶は国家の保護を受けるようになり、力をつけた。

 

◆天平文化:聖武天皇の時代に栄えた文化

⇒唐の影響を受けた国際色豊かな仏教文化

①正倉院:東大寺の倉で、聖武天皇の愛用品が納められた。校倉造。

→唐や朝鮮半島のものだけでなく、シルクロードを通って唐に渡ったものも納められる。

②書物

(1)歴史書:「日本書紀」・「古事記」(2)地誌書:「風土記」(3)日本最古の和歌集:「万葉集

 

石田先生

聖武天皇を中心に奈良時代の残りの部分を覚えておきましょう。

次回は、平安時代のまとめです!お楽しみに!!

 

聖武天皇や行基、鑑真が、何をしたのかセットで覚えるんだね!

また、東大寺や正倉院、書物もしっかりと覚えておかなきゃね!

学校が始まるまでに、ノートにまとめてみよっと!

石田先生ありがとうございました!!

 

 

-社会
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.