数学

割合が苦手なあなたへ!~割合克服Part1~

投稿日:

藤田先生

さくらっこくん!こんにちは!

もう2学期が始まって数日がたちました。

今月修学旅行がある学校もあるみたいですね!

楽しむのも良いですが、勉強も忘れずに!

今日も頑張っていきましょうね!

 

藤田先生こんにちは!

修学旅行のことで頭がいっぱいだけど、

その分勉強頑張っておかないとね!!

 

藤田先生

さて、本題に入っていきましょう!

今回のテーマは「割合」です。

そう、「○%」「○割」といった表現を使う単元です!

さくらっこくんはこの「割合」は苦手かな?

 

割合って、イメージがしづらくて苦手なんだよね…。

 

藤田先生

そっか…さくらっこくんも苦手意識があるみたいだね。

じゃぁ今日は頑張って少しでも苦手意識が薄れるように頑張りましょう!

 

うん、頑張ります!!

 

藤田先生

さて、問題です。

問題

100円は250円の何%でしょうか。

藤田先生

少し難しいでしょうか…?

正解は40%になりますね。

これをなんとなく割り算をして求めた人はちょっと注意が必要かもしれません。

ちょっと問題を変えてみましょう。

問題

2400円は400円の何倍でしょうか。

 

あ、これはわかる!

6倍だね!!

 

藤田先生

そうです!答えは6倍ですね!

これは2400÷400=6で求めることができますね!

さて、ここで注目すべきことがあります。

さきほどの2つの問題文をもう一度見てみましょう。

問題

100円は250円の何%でしょうか。

2400円は400円の何倍でしょうか。

藤田先生

何か共通することがありませんか?

それは、○○は□□のです!

割合に関する問題は必ず「は」と「の」があるはずです!

まずはそれを見つけましょう。

そして、割合を求めるときは「は」÷「の」で求めることができます。

たとえば、「100円は250円の何%でしょうか。」の問題だと

「は」の部分の数字は「100」、「の」の部分の数字は「250」なので

100÷250=0.4と求めることができますね?

そして、あとは割合の表現に気を付けましょう。

なのかなのかなのか…

どれも同じ割合を表す単位です。

さきほどの100÷250で出た0.4という数字はの表現になります。

これをにしたいときは10倍にしたいときは100倍してあげたらOK!

つまり、「0.4倍」と「4割」と「40%」はどれも同じ表現になります!

あとは問題文にあった答え方で答えてあげましょう。

さぁ、ここまで理解できた人は次の問題にチャレンジ!

問題

560mは1600mの何%か。

藤田先生

35%になった人は正解です!

ここでまとめておきましょう。

割合を求めるときは…

① 「は」と「の」を見つける。

② 「は」÷「の」を計算する。

③ ②で計算した答えは「」、10倍したら「」、100倍したら「

これだけはおさえておきましょう!

今日はここまで!

割合についてもう少しお話したいところだけど、それは次回のお楽しみ!

また次回も頑張りましょう!

 

割合の考え方、計算方法について、よくわかったよ~!

あとは演習問題を解いて、理解を深めていく!!

次回も割合の話なんだね。楽しみにしています!

ありがとうございました!!

-数学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.