英語

【中3必見!】受動態の文法解説!!~英文と日本文の紐づき方~

更新日:

石田先生

さくらっこくんこんにちは!

英語担当の石田です。

 

石田先生こんにちは!

今日は何について勉強するのかな?

 

石田先生

本日は中学3年生で学ぶ受動態について勉強していこう!

前回のブログはコチラ

まずはこの「受動態」の文法を習うにあたって、知っておきたいのは「受動態」という言葉の意味です!

さくらっこくんは受動態ってどういう意味か分かる?

 

うーん…。

説明できないな…。

 

石田先生

そうだよね、あまり日常会話で使うことはないから難しいよね。

ここからは日本語の勉強になるけど、

受動「能動」という言葉のそれぞれの意味はおさえておこう。

受動自らの意思に関係なく、他の作用を受けること

能動自ら他にはたらきかけること

石田先生

という意味になるよ。

日本語だと、例えば“受動喫煙”という言葉を聞いたことがある人もいるんじゃないかな。

これは、自らの意思に関係なく他の人が吸っているタバコの煙を吸うから”受動喫煙”というんだね。

 

受動って、そういうことだったんだ!

自分が何かをするんじゃなくて、受け身のようなイメージかな?

 

石田先生

そのとおり!話が少し脱線してしまったけど、

この受動態の文章は「~される」という言い方で表せられます。

例を挙げると

〇彼は生徒会長に選ばれました。

〇マイクはたくさんの人に愛されています。

石田先生

上に挙げた文章の2つとも「~される」という言い方になっていることを確認しよう。

この「~される」という文章を英語で表現するためには、

be動詞+過去分詞

の形で表現されるよ。

では、例文で確認していこう。

先ほどの下の文章を実際に英語の文で表現すると

例文

Mike is loved by many people.

(マイクはたくさんの人愛されています)

石田先生

Be動詞のis+loveの過去分詞lovedがあることを確認しよう。

また受動態の文章ではよく「by」という単語が出てくるよ。

これは「~によって」という意味で、行為をした人を表すときに使うよ。

This book is read by Tom.

(この本はトムによって読まれている)

Soccer is played by eleven players.

(サッカーは11人の選手によってプレーされます)

石田先生

などなど…

色を付けた文章は必ず音読して頭の中からすぐに引き出せるようにしていこう。

ここでさくらっこくんに一つ質問なんだけど、例えば最初の英語の文書

Mike is loved by meny people.

の中に動詞はいくつあると思う?

 

isとlovedで、2つだね!

 

石田先生

うーん、残念!

 

え、違うの!?

 

石田先生

Lovedも動詞のように思えるけど、

「過去分詞」は「動詞」としては扱わないんだよ。これも難しい質問だったね。

そうするとこの文章の動詞はis。be動詞がこの文章の動詞になるんだ。

そう考えると受動態の文章の否定文や、疑問文の書き方は分かってくるはず!

受動態の否定文

This book is not read by Tom.

(この本はトムによって読まれていません)

このようにbe動詞のルールと同じく、

be動詞の後ろに”not”をつければいいよ。

受動態の疑問文

Is this book read by Tom?

(この本はトムによって読まれていますか?)

これも同じく、be動詞を主語の前に持ってくればよかったんだよね。

さくらっこくん、この質問にyesで答えるときにはどう答えればいいのかな?

 

be動詞と同じルールでthis bookを代名詞のitに変えないといけないから、

Yes,it.is.って答えると思う!

 

石田先生

大正解!勉強の成果がでているね。

受動態の文章で過去のことを表しているときは、

be動詞の過去形を使うからこれもあわせて覚えておこう。

受動態の過去

This room was cleaned by her yesterday.

(この部屋は昨日、彼女によって掃除されました)

受動態の文章の勉強はここまで!

中学で習う文法は高校に入っても必ず必要になる知識だから一つ一つ正確に覚えていこうね。

 

「by」が結構使われてるけど、色分けしてくれたおかげで、

英単語が日本文のどこに繋がっているかがよくわかった!

これをもとに、勉強頑張ってみるよ!

石田先生ありがとうございました!!

-英語
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.