数学

【受験生必見!】2次方程式に見せかけた1次方程式にご注意!

更新日:

大月先生

さくらっこくんこんにちは!

今日だけ数学担当の大月です。

さくらっこくん、よろしくね。

 

大月先生こんにちは!

今日はどんなことをするのかな?

 

大月先生

今日は、2次方程式の見分け方を解説しますね。

早速だけど、

さくらっこくんは2次方程式がどんなものか、説明できるかな?

 

ええっと・・・。

1次方程式とは違って、Xが2乗されてるものだよね!

 

大月先生

さくらっこくん、着眼点はいいよ!

ただ、少し惜しいね。

2次方程式っていうのは、一般的に

ax2+bx+c=0(ただし、a≠0)

大月先生

で、表されます。

それじゃ、たとえを出してみますね。

ここに、2つ式があります。

この二つのどちらかは、2次関数ではないんです。

 

そうなの!?

どうやって見分けているのかな?

 

大月先生

この二つを、それぞれまとめてみましょう。

が式に入っていたとしても、まとめてみると1次関数になってしまいますよね。

なので一概に、『x』が式にあるからといって、2次関数とおもってはダメなんです。

つまり2次関数は、

移行して整理すると『xの2次式)=0』の形に変形できる方程式

ということです。

上記で上げた式は、わかりやすい式としての例ですが、

テストや試験になると、もっと複雑な式で出てくることもあります…!

まずは落ち着いて式を移行して整理してみると、

問題解決できるかもしれないですね(^^)

もし複雑な式が出てきたら、ぜひ試してみてください。

 

2乗があるからっていって、一概に2次方程式とは見たらだめなんだね~。

式を一旦整理して、その上で判断して対応していかなきゃいけないんだね。

複雑な式のまま考えるんじゃなくて、しっかりまとめてから考えるようにしてみる!

大月先生ありがとうございました!!

 

-数学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.