社会

世界の諸地域~成長する東アジア①~

投稿日:

松岡先生

こんにちは!社会担当の松岡です。

昨日から一段と冷え込みました。

風邪も流行っているようです。体調管理をしっかりやっておきましょう!

サクラサクセスでは、マスクと手指消毒が完備されています。

ご自由にお使いいただければと思います。

室内でも加湿器やクレベリンの設置などできるサポートは全てやっていこうと思います!

 

松岡先生こんにちは!

急に寒くなってきたね…!

風邪ひかないように、うがい手洗いをしっかりとしなきゃね!

 

松岡先生

それでは、社会の勉強に入りましょう。

前回から第三章「世界の諸地域」に入っています。

今日は、東アジアがどのように工業化を進め、発展していったのかを見ていきます。

第3章 世界の諸地域

成長する東アジア①

 

松岡先生

東アジアにおいて、

度重なる戦争の影響(第二次世界大戦以降⇐詳しくは歴史にて)もあり、

工業は中々発展しませんでした。

しかし、1950年代後半から、日本の高度経済成長が始まります。

それまでは、発展した国と言えば、ヨーロッパアメリカだけでした。

そこに、アジアの小さな国である日本が参入しました。

先進国の仲間入りを果たした日本を追いかけるように、

1970年代以降、韓国香港ホンコン)、台湾シンガポールが次々に経済成長を成し遂げました。

これらの国々は、NIES新興工業経済地域)と呼ばれています。

出ました!NIES!これは代表国もしっかり覚えておきましょう!

NIESは、定期テスト・実力テスト問わず出題頻度が高いです。

定期テストでは代表国全て書かせる学校も…。

 

代表国すべて書かせる…!

それほどまでに重要なところなのがうかがえるね。

 

松岡先生

さて、これらの代表国の中でも、韓国台湾に関しては、

テストの得点力を高めるためにも知っておくべきことがあります。

まず、韓国では、1960年代以降、日本やアメリカの技術を導入して、

技術力が高まり、半導体や電気機械、自動車なども多く輸出するまでになりました。

軽工業重化学工業ハイテク産業と流れが変わっています。

半導体をイメージして、ハイテク産業のことは覚えておきましょう!

半導体以外にも、薄型テレビや携帯電話も含まれます。

また、各企業の本社は韓国の首都ソウルに集中しています。

加えて、台湾でもハイテク産業は盛んです。

台湾には、半導体を生産する大規模な工場が集まっています。

今日はここまでです。

NIESという名称、その代表国、その中でも韓国台湾に関しては再度復習をお願いします。

次回もよろしくお願い致します(^o^)/

 

ヨーロッパやアメリカをはじめ、

色々な国が経済成長をしたんだね!!

沢山国名が出ているけど、しっかりメモをとって、

忘れないように頑張るぞ~!

松岡先生ありがとうございました!!

-社会
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.