英語

【英文法応用編】分詞を勉強しよう!Part1

更新日:

石田先生

さくらっこくんこんにちは!英語担当の石田です!

期末テストの期間だね。

科目がいっぱいあって、提出物もいっぱいあって、

いっぱいいっぱいという人も多いと思うけど、

とても大切なテストだから最後まで手を抜かずに勉強していこうね。

 

石田先生こんにちは!

あまり面白くないダジャレだね…!

 

石田先生

さくらっこくんは意外と、

思ったことを素直に言うタイプなんだね…。

 

先生とも距離が近くなってきたということだよ!

 

石田先生

そういうことにしておこうか!

さて、今日は中学3年生で勉強する分詞についておさらいしていこう。

まず、分詞を勉強する上で大切なことが分詞には2種類あるということ。

その2つは

〇現在分詞(~ing形) ⇒~している

〇過去分詞 ⇒~される、された

 

石田先生

この2つ!

過去分詞は聞いたことがある人が多いと思うけど、

「現在分詞」は初めて聞いた人が多いんじゃないかな。

 

うーん、初めて聞いたかも。

 

石田先生

そうだよね。

ちなみに現在完了形の文法を忘れてしまった人はこちらをチェックしてね。

前回のブログはコチラ

現在分詞について説明すると、動詞にingをつけることで「~している」と訳すよ。

例えば…

例文

that man playing soccer 

(サッカーをしているあの男の人)

the boy sleeping on the bed

 (ベットの上で寝ている少年)

 

石田先生

日本語だと説明したい単語の前にどんな人か、

どんなものかを述べるけど英語は説明したい言葉の後ろから述べるんだ。

覚えておくとよいけど、英語は「後ろから説明」する言語なんだ。

日本語の例文を見てみようか。

この場合、赤の括弧の部分があの男の人について説明しているのは分かるかな?

例文

あなたは(公園でサッカーをしている)あの男の人を知っていますか?

 

あの男の人が何しているのか、

詳しく伝えている言葉だからね!

 

石田先生

大丈夫そうだね。

英語では後ろから説明をするから、

まずは括弧で括ったところまでを英語に訳してみよう。

例文

Do you know that man?

あなたはあの男の人を知っていますか?

石田先生

この後に「公園でサッカーをしている」を加えると

 

例文

Do you know that man playing soccer in the park?

あなたは公園でサッカーをしているあの男の人を知っていますか?

 

石田先生

これで完成!

他にも…

例文

The boy playing the piano is Ken.

ビアノを弾いている少年はケンです。

I know the cat walking on the bridge.

私は橋の上を歩いている猫を知っています。

 

石田先生

赤の部分が前の傍線部を説明していることは分かるかな?

「後ろから説明」の意識を持ちながら例文を音読してみよう。

ネイティブの感覚が分かると思うよ。

次回は過去分詞のことについて勉強していこう!

 

傍線部の名詞を、赤字が修飾してるんだね!

語順が日本語とは違うけど、「後ろから説明」を意識して、

慣れるまで頑張ろうっと!

石田先生ありがとうございました!

-英語
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.