国語

【小・中・高必見!】文脈を捉えることの大切さ

藤山先生

みなさんこんにちは!

国語担当の藤山です。

今回は表題にも挙げましたように、文脈について話を進めたいと思います。

 

藤山先生こんにちは!

今日は文脈についてだね、よろしくお願いします!

 

藤山先生

以前私が書いたブログの中に、語彙力の重要性を説いた事が有りました。

詳しくはコチラ

文章(特に現代文)を読み進める時に語彙力は非常に大切です。

しかし語彙力が有るだけでは、実際に点数に結び付かない事も多々有ります。

その理由として、

文の前後関係をキチンと捉える事が出来ていない事があるからだと私は考えています。

 

ギクッ!

 

藤山先生

国語において少し的外れな答えを書いてしまう方は、

前述の文の前後関係をキチンと捉える事が出来ていない場合が有ります。

具体例を出して考えてみましょう。

「佐藤さんは汗を掻いている」という文章が有ったとします。

そこでこの文章を2人に見せ、

Aさん

佐藤さんは暑いんだな

Bさん 

そうだとは限らないんじゃない?

と答えたとします。

このやり取りだけで、Aさんが『汗を掻く=暑い』という固定観念を持ってしまっていると、

判断する事が出来ると思います。

先の2人のやり取りを続けたとすると、

Bさん

もしかしたら佐藤さんは運動をしたから汗を掻いているのかもしれない。その他にも佐藤さんは単なる汗っ掻き、もしかしたら何か悪い事が起こって冷や汗を掻いたのかもしれないよね

Aさん

確かに…言われてみればそうだね

以上のように多少胡散臭さは有りますが、

Aさんが文単体から自身の固定観念によって状況を決め付けた事に対し、

Bさんは決まりきっていない状況を憶測の域で留まらせていますね。

この場合は勿論Bさんの考えの方が失敗はし難いです。

今回の記事はいかがだったでしょうか。

実際に国語で点数が取れない!という生徒さんは、

今一度自分の解答を見直してみて下さい。

楽をしようとしてピンポイントで答えを探そうとすればする程思考の幅は狭まり、

結果的に不正解に結び付き易くなることも有るんです。

少しでも参考になったかな?

 

楽をしようとして単純に状況や文章を考えるよりも、

内容をしっかりと精査した上で問題にあたるべきなんだね!

文脈を意識して、問題を解いてみるよ!

藤山先生ありがとうございました!

-国語
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.