英語

助動詞may ~3つの用法~

 
こんにちは、サクラサクセスです。
このブログでは、サクラサクセスの本物の先生が授業を行います!
さて、そろそろさくらっこ君と先生の授業が始まるようです♪
今日も元気にスタート~!
 
 
 

You may eat and drink only in this floor.

 

あなたはこのフロアだけ食べたり飲んだりするかもしれません?

 

髙倉先生

やあ、さくらっこくん。

どうしたんだい?

 

あ、先生。

この張り紙なんだけど、よくわかんないんだよね。

 

髙倉先生

“You may eat and drink only in this floor.”

「このフロアでのみ、飲食することができます」ですね。

 

できます?

できるってcanじゃないの?

 

髙倉先生

そうだね。

確かに「できる」はcanです。

「やろうと思えばできる」っていうのがcanで、

「~をしてもいいですよ」と、

目上の人が下に与える許可はmayを使うんだ。

規則やルールにのっとって許可や禁止をするときとかが多いね。

 

許可や禁止。

 

髙倉先生

さっきの張り紙も「ここなら飲食OKよ」って意味だったでしょ。

あるいは美術館では

“You may not take photos”

「写真撮影は禁止されています」

と書かれていることがあります。

町中の英語の説明文にmayがあふれているから気にしてみるといいよ。

 

なるほどー。

でもmayって「~かもしれない」で習ったんだけど、

あれは何だったの?

 

髙倉先生

いいこと聞いてくれますね。

~かもしれないは推量といいます。

“We may go to the sea this summer.”

「ぼくたち、今年の夏海にいくかもしれないよ」

では問題、どれくらいの可能性で海にいくでしょう?

 

かもしれない、だから、半々かなあ。

 

髙倉先生

すごい!正解です!

mayは50%、どっちに転ぶかわからないよ。

と本人もよくわかっていないときにつかわれるんだ。

 

50%。

試合に勝つかもしれない、とか帰るのが遅くなるかもしれないとか。

 

髙倉先生

そうそう!

 

映画見てたらトイレに行きたくなるかもしれない、

とか夜起きてたらおばけがでるかもしれない、とか。

 

髙倉先生

そうそう!

どうなるかわからないけれど、という中途半端なところがmayの特徴です。

 

わかってきたような気がする!

 

髙倉先生

“You may eat and drink only in this floor.”

「このフロアでのみ、飲食することができます」

「基本的には飲食しちゃダメだけど、ここならOKだよ」という意味です。

原則はだめだけど、例外的に認めるとき「許可may」を使うんだ。

基本はダメだけど、特例的に…という中途半端なmayらしさを感じてもらえるかな。

 

じゃあ“You may not take photos”

「写真撮影は禁止されています」は

「原則禁止だし、例外もありませんよ。だから撮っちゃだめだよ」ってことだね。

 

髙倉先生

さっすが、さくらっこくん。

 

どんなもんだい。

 

髙倉先生

May you like English.

 

ん?えーっと・・・

 

髙倉先生

may推量・許可(禁止)・祈願の大きく分けて3つの用法があります。

ドアのスキ間からちょっと見えるような、見えないような、というのがmayの性質です。

 

ポイント

見えそうで見えないから「~かもしれない」推量

ドアのスキ間から向こうに行けそうだから「~してもよい」許可

notでスキ間を完全に閉ざすから「~してはいけない」(禁止)

スキ間の向こうに届くかどうかわからないから「~しますように」(祈願)

 

髙倉先生

つまりMay you like English.

「あなたが英語を好きになりますように」って意味だね!

 


 
 
 
 
 
最後までお読みくださりありがとうございます♪
実際に、このブログに登場した先生に勉強の相談をすることも出来ます!
「ブログだけでは物足りない」「もっと先生に色々教えてほしい!」と感じたあなた、
ぜひ無料体験・相談をして実際に先生に教えてもらいましょう!
友だちも誘って、ぜひ一度体験しに来てくださいね!

-英語
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.