数学

数学苦手克服への道!!文章問題/証明問題のノート術!!

更新日:

 

岡先生

皆さん、こんにちは!

郡家駅前教室の岡です。

前回の数学ブログでは、

ノートの使い方について説明しました。

今日はその続きとして、

文章問題/証明問題のノート術をご紹介します。

 

岡先生こんにちは!

ノート術第2段だね!!

よろしくお願いします!!

 

岡先生

普段、学校の課題や授業の問題演習でたくさん問題を解きますよね。

わかる問題だとすんなり理解できて、

自信をもって〇がつけられると思います。

では、

わからない問題にはどうしていますか?

 

一応解いてはみるけど、

わからないから次の問題へ飛ばしたり、

丸付けではそのまま解答を写しているかな。

 

 

岡先生

なんだって!?

さくらっこくん!

勿体ないことをしていますよ!!

 

え!!

勿体ないこと??

 

 

岡先生

わかっていると思いますが、

解答をそのまま写すということは作業です。

そこから何も習得しません。

解答を写すことを注意しているのではありませんよ!!

解答を写す前に考えてみてください。

本当にわからない問題でしたか?

解答全文が本当にわかりませんでしたか?

少なからず、

わかるところはあるはずです。

なのに、すべて赤で書いてしまうのは大変勿体ないです。

つまりは、

解答を見て「ここまでならわかる」というところを線引きする

ということです。

そこまではきちんと理解できている証拠ですから、

黒字で書いてもいい箇所です。

本当に理解できなかったところを赤字で書けば、

「自分はここがまだ理解出来ていない」

と、見てすぐにわかります。

また、解答を解答で終わらさないためには、

なぜその解答をしているのかを考えることが大切ですね。

引っかかるところがあれば、

学校や塾の先生に聞けば解説してくれます。

そうやって少しずつ、

「わからない」を「わかった!」に変えてほしいです。

 

なるほど~!!

そうすれば自分で理解出来ていないところもすぐ見つかるし、

先生にもどこを質問すればいいかはっきりわかるね!!

 

岡先生

その通り!!

さくらっこくんもこれから気を付けてね!!

最後に、今日のポイントはここです!!

 

ポイント

① 解答をそのまま写さない。本当にわからないところだけ赤で書く。

② 間違えた解答を吟味する

 

岡先生

少しでも数学を克服したい人、

実践してみてくださいね!

「継続は力なり、努力は裏切らない」

 

これから僕もそうやってみるよ!!

岡先生ありがとうございました!!

-数学
-, , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.