英語

【中学2年生英語】be動詞の過去形を解説!!be動詞は不規則動詞の仲間!?

更新日:

石田先生

こんにちは!

英語担当の石田です!

桜もそろそろ散り始めていよいよ新緑の季節を迎えようとしているね。

学校の授業も始まっているはず。

さて、今日は中学2年生で習うbe動詞の過去形について勉強しよう!

 

 

石田先生こんにちは!

今日はbe動詞の過去形を教えてもらえるんだね!!

よろしくおねがいします!!

 

 

石田先生

中学2年生になった人は、

中学1年生の最後のほうで「一般動詞の過去形」を習ったのを覚えているかな?

例えば、「私は昨日サッカーをしました。」っていう文は

と書くんだったよね?

一般動詞の「play」に「-ed」をつけることがポイントだった。

ちなみに、

「play-played」のように

もともとの形の後ろに「-ed」がつくものを「規則動詞」

「go-went」のように形が変わるものを「不規則動詞」

というから覚えておこう!!

1年生の頃は一般動詞の過去形を習ったけど、

2年生ではbe動詞の過去形を習うんだ。

とても重要だから必ず覚えよう!

 

 

動詞には、

過去形になった時に動詞の最後にedをつける「規則動詞」と、

動詞そのものが変化する「不規則動詞」っていうのもあるんだね!!

 

 

石田先生

そうだよさくらっこくん、しっかり覚えていこう!

今日お話する「be動詞」は「不規則動詞」の仲間なんだ!

だから今まで習ってきた現在形の形「am,are」と過去形は形が変わるんだ!

am,is」の過去形は「was(ワズ)」、「are」の過去形は「were(ワー)」になるんだよ。

この組み合わせはこれからずっと使うから覚えてしまおう!!

現在形と比べながら例文を見てみよう。

「私は先生です。」というのは

「I am a teacher.」

「アイ アム  ア ティーチャー」という。

「あなたは先生ですか?」と聞くのは

「Are you a teacher?」

「アー ユー ア ティーチャー ?」

だよね!!

さっきの質問に答えるときはどうだったかな?

「Yes, I am . 」「イエス アイ アム」

「No,I'm not . 」「ノー アイム ノット」

だったよね!!

さて、次はbe同士の過去形の例文に進んでみよう!!

be動詞「am」の過去形は「was」だから、

さっきの例文でいうと、「私は先生です。」を過去形にした「私は先生でした。」は

「I was a teacher.」

「アイ ワズ ア ティーチャー」

となる。

「あなたは先生ですか?」を英語にした

Are you a teacher ? 」で使われているbe動詞は「are」だよね?

are」の過去形は「were」だから、「あなたは先生でしたか?」は

Were you a teacher?」

「ワー ユー ア ティーチャー ?」

になるんだ!!

現在形だったら

「Yes , I am . 」や「No , I am not .」

と答えるんだけど、

過去形になったらbe動詞の形が変わるから、

「Yes , I was . 」

「イエス アイ ワズ 」

「No , I was not .

「ノー アイ ワズ ノット 」

となるんだ。

ここまでの文章をぜひ音読してみよう!

 

 

過去形の文になっても単語の順番は変わらずに、

be動詞が過去形の「was」や「were」に変化するだけなんだね!

 

石田先生

そのとおり!!

何事も最初が肝心だから覚えちゃおうね!!

be動詞の過去形をマスターしていいスタートを切ろう!

 

 

うん!今のうちに「be動詞の過去形」をノートにまとめて覚えておくよ!

石田先生ありがとうございました!!

 

-英語
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 個別指導塾・進学塾のサクラサクセス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.