英語

前置詞の使い分けの覚え方

学習内容解説ブログサービスリニューアル・受験情報サイト開設のお知らせ

学習内容解説ブログをご利用下さりありがとうございます。

開設以来、多くの皆様にご利用いただいております本ブログは、
より皆様のお役に立てるよう、2020年10月30日より形を変えてリニューアルします。

以下、弊社本部サイト『受験対策情報』にて記事を掲載していくこととなりました。

『受験対策情報』https://www.sakusakura.jp/examination/

『受験対策情報』では、中学受験/高校受験/大学受験に役立つ情報、
その他、勉強に役立つ豆知識を掲載してまいります。

ぜひご閲覧くださいませ。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 
 
こんにちは、サクラサクセスです。
このブログでは、サクラサクセスの本物の先生が授業を行います!
登場する先生に勉強の相談をすることも出来ます!
"ブログだけでは物足りない"と感じたあなた!!
ぜひ無料体験・相談をして実際に先生に教えてもらいませんか?
さて、そろそろさくらっこ君と先生の授業が始まるようです♪
今日も元気にスタート~!
 
 
 

杉野本先生

ラッコは、霊長類を除き唯一道具を使うほにゅう類・・・
杉野本先生、おはようございます!なに調べてるの?

杉野本先生

さくらっこ君、おはよう。
ちょっと
ラッコの研究を・・・|Д')チラリ
えっ?

杉野本先生

えっ?
ところで前回言っていた通り、
今回のテーマは前置詞だよね?

杉野本先生

久しぶりだけどよく覚えていたね!
今日は前置詞の役割とその区別について説明しましょう!

前置詞とは・・・・・「名詞の前に置く単語」
(例)in、to、at、on、for....etc

杉野本先生

前置詞という品詞は、「in the park(公園)」のように
名詞の前に”置いて意味の塊をつくるんだ。
大半の文で使用するこの前置詞、「table = 机」のように
単純な日本語訳での暗記だと、使いこなすことは難しい!
なので前置詞それぞれの“イメージ”を理解してほしいな。
イメージ?

杉野本先生

そう、イメージ。
物の名前を表す名詞はともかく、
英語は英語として理解することが大事なんだよ。
日本語と同じ“言語”だからね。
・・・・・・

杉野本先生

前置きはともかく始めよう!!

in(空間の中)

杉野本先生

in空間の中にいる
イメージだよ!

I am in the house. (私は家の中にいる)

家という空間の中

I went out in the rain. (雨の出かけた)

雨が降っている空間の中

He was a teacher in the past. (彼は昔先生でした)

過去という“時間的な”空間の中

to(到達地点)

杉野本先生

to は日本語で「 ~へ
と訳すことが多いように
目的・場所・時間などの
到達地点を表すよ!
矢印の先っちょって感じ?

I went to Shiga. (私は滋賀行った)

滋賀という目的地へ到達したことを表している

The light turned from blue to red. (ライトが青色から赤色変わった)

状態が赤へ到達したことを表している

She gets up early to take the bus. (彼女はバスに乗るために早く起きる)

「早く起きる」という目的に到達するために早起きしている

into(空間の中に入っていく)

スペル通り、in とto の合体だね!

杉野本先生

その通り!in の中に to するよ!

He came into the room. (彼は部屋の中に入っていった)

部屋の外から部屋の中へ入った ということ

how to plug a light into a socket. (ソケット電球を差し込む方法)

ソケットの中へ電球を差し込んでいくイメージ

for(向かっている)

toとの違いは・・・?

杉野本先生

“まだ到着していない”所だよ!!

The local train bound for Kyoto is now arriving at track 1.
(まもなく1番線に京都方面行きの電車が参ります)

to の「京都へ行く」ではなく「京都方面へ行く」という意味

I bought a present for you. (あなたのためにプレゼントを買った)

「あなた」に向けて買ったけど、まだ渡していない

from(起点)

杉野本先生

from は起点とした何かから
離れていくイメージだよ。
to の反対だね!

I walked from the station to the librar. (駅から図書館まで歩いた)

駅という場所を起点として、目的地の図書館まで歩いたということ

OPEN from 10a.m. to 5 p.m. (午前10時から午後5時まで営業)

同じように、時間も起点とできる

杉野本先生

きりがないので今回はこのあたりで止めるけど、
大事なのは前置詞のイメージをつかむことです。
高校・大学入試でもたくさんの長文が出るよね?
前置詞のイメージを知っていることで、
英文全体の状況も分かりやすくなるんだ!
当たり前だけど英語は言語だからね。
in the station や at the station
と使い分けているのも
そういうイメージの違いからだね!
残りの前置詞も勉強するぞ!

杉野本先生

いいね‼

 
 
 
 
 
最後までお読みくださりありがとうございます♪
実際に、このブログに登場した先生に勉強の相談をすることも出来ます!
「ブログだけでは物足りない」「もっと先生に色々教えてほしい!」と感じたあなた、
ぜひ無料体験・相談をして実際に先生に教えてもらいましょう!
友だちも誘って、ぜひ一度体験しに来てくださいね!

-英語
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.