国語 対策

【中学生・高校生】古文で高得点を狙うには『古文常識』を知るべし!!

投稿日:

藤山先生

こんにちは!

国語担当の藤山です。

今回は古文についてお話していこうと思います。

 

藤山先生こんにちは!

今日は古文についてだね!

よろしくお願いします!!

 

藤山先生

さて、読者の皆さんの中にはもしかすると、

「古文」という教科に対して、

異常なまでもの苦手意識を抱いている方もいるのではないかと思います。

ここで質問ですが、

皆さんは古文を勉強する際にどういう勉強をしていますか?

・古文単語を覚える。

・係り結びを始めとした表現技法や文法要素を扱えるようにする。

・活用形の判別を出来るようにする。

などは多くの方が実践されている勉強方法だと思います。 

 

そうだね。

僕もそんな感じ!!

 

藤山先生

古文の勉強方法と言ったらコレですよね…!!

ですが実はその他にも、

意外と見落とされがちですが、

古文を学習していく上で最も大事な要素の一つがあります。

 

意外と見落とされがちな大切な要素・・・??

 

藤山先生

それは所謂「古文常識」と一般的に言われているものです。

なぜこの要素が大事かというと、

現代の感覚のままに古文を読み進めている人をよく見かけるからです。

通説ですと、古文とは江戸時代より以前に書かれた古典の中でも、

現代においても役に立つ素質がある事を指すことが多いです。

当然ですが、時代が違えばその生活様式も時代それぞれによって変化しています。

これは歴史を勉強してきた皆さんならお分かりだと思います。

(実は歴史を勉強するということは、

こういう事にも関わってくるので繋がってくるのですが、ここでは割愛・・・)

 

確かに古文の常識を考えず、今の感覚のまま読み進めてた・・・!

そもそも古文の常識ってなんだろう??

 

藤山先生

もしこの古文常識を知らずに古文を読むとどういう弊害が起るのかを、

例を用いて説明します。

例えば、特に女性の皆さん向けの質問にはなるのかもしれませんが、

自分の知り合いが何人もの女性と付き合っていたらどう思いますか?

皆さんの中には、

そいつサイテー

ヤバイやつじゃん

などと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、古文常識を知っている方からすれば、

それを聞いても「ほうほう・・・」のような感じで読み流すでしょう。

何故かというと、古文の世界には

「一夫多妻制(一人の夫に対して妻が何人も居ること)」

という考えが蔓延していたからです。

もう一つ例を挙げます。

有る男の人が、家の塀の隙間から家の中にいる女性を覗き見していたとします。

現代の感覚からすると、

この行為はかなり気味の悪い行為、

ないしは犯罪として対処されかねないのですが、

これもまた古文常識を既知の上で古文を読んでいた場合、

そこまで違和感を覚えないでしょう。

どういうことかと言いますと、

古典の世界では男性が女性を覗き見て(垣間見る)、

気に入ったら求愛行動(呼ばひ)に移り、結婚する、

という一連の流れが古文常識の中には存在するからです。

 

平安時代と現代の常識では恋愛の仕方が

全く異なっていたんだね!

 

藤山先生

上記のような点から、

ある程度の古文常識を押さえた上で

古典を学習することは非常に大きな意味を持っています。

勿論、古文単語や敬語、古文の文法知識、活用系等を覚えることは

言わずもがな、大事なことであります。

ただ、それに加えて古文常識を知っておくことで、

古文に対する理解度も一段と増すのではないでしょうか。

 

現代とは違う古文常識を知れて、苦手意識がなくなったよ!

とても興味がわいてきた!!

古文常識を知った上で勉強できるように、

今から調べてみるよ!

藤山先生ありがとうございました!!

 

-国語, 対策
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 個別指導塾・進学塾のサクラサクセス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.