英語

使い分け方法を身に付けよう!!~時間にまつわる前置詞編~

 
こんにちは、サクラサクセスです。
このブログでは、サクラサクセスの本物の先生が授業を行います!
登場する先生に勉強の相談をすることも出来ます!
"ブログだけでは物足りない"と感じたあなた!!
ぜひ無料体験・相談をして実際に先生に教えてもらいませんか?
さて、そろそろさくらっこ君と先生の授業が始まるようです♪
今日も元気にスタート~!
 
 
 
 
 

野生のラッコは流されないようワカメに包まれながら眠る…

杉野本先生、おはようございます❕
何調べてるの?

さくらっこ君、おはよう🎶
意外とかわいい寝方なんだね。

え?

水族館にはワカメがないから、他のラッコと手をつないで寝るらしいね。

水族館って?

いうことで、これまで単語の構成や品詞について進めてきたね。これからは、前置詞それぞれの具体的な使い分けの方法を身に付けていこう!!

おおー・・・?

今回は、時間を表すin、on、atの使い分けについて進めるね。

はぃ❕お願いします✨

8月はin August
日曜日はon Sunday
8時はat 8:00

日本語訳すると全て「〜に」だけど、英語では3つの前置詞で使い分けているね。

何がどうなって決まるの?

前に前置詞のイメージについて話したことは覚えてるかな?

どれも時間を表せるけど、それぞれの前置詞本来の性質を考えると、含む範囲の大きさが
in(空間)>on(平面上)>at(点)
になるね。

inは大きな時間を表す

in August、in summer、in 2020.....

月や年、季節などと一緒に使うよ!

onはより限定された時間を表す

on Sunday、on the 26th.....

簡単に言うと日や曜日だね。Inよりも範囲が少し狭くなるよ。

atはピンポイントな時間を表す

at 8:00、at noon、at that time.....

inやonと比べると細かい時間で使うね!

言語である以上“例外”はあるけども、基本的なイメージを持っておくと英語への理解がどんどん深まるよ!全部を「~に」と機械的に覚えるのではなく、本来の意味を考えて覚えていくようにしよう!

具体的に見ていくともっと分かりやすいかも!これからは文章で出てきたら意識して読んでみるね🎶

その練習を続けると絶対に英文を読みやすくなるし、本当の意味が分かるようになる!一緒に頑張ろう✨✨✨

 
 
 
 
 
 
 
 
最後までお読みくださりありがとうございます♪
実際に、このブログに登場した先生に勉強の相談をすることも出来ます!
「ブログだけでは物足りない」「もっと先生に色々教えてほしい!」と感じたあなた、
ぜひ無料体験・相談をして実際に先生に教えてもらいましょう!
友だちも誘って、ぜひ一度体験しに来てくださいね!

-英語
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 学習内容解説ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.