社会

石田が歴史の各単元の学習ポイントをお伝えします! 第三弾

更新日:

石田先生

こんにちは!さくらっこくん!

歴史担当の石田です。

 

こんにちは!歴史担当の石田先生!

 

石田先生

今日も歴史のポイントをまとめていくよ!

準備はいいかな!?

 

はい、お願いします!!

 

石田先生

前回は歴史を点ではなく、

点を繋ぎながら覚えていくことが大切って話をしたね!

覚えているかな?

 

・・・うん、バ、バッチリだよ!!((汗))

 

石田先生

あれれ、その様子は忘れてしまったのかな?

忘れてしまったのなら、前回の記事を見て復習をしておこうね!

 

復習をして、戻ってきました!!

石田先生、お待たせしました。

 

石田先生

おかえり、何事においても復習は大切だね!

記憶を強固にしていくために、繰り返し復習をしていこう!

さて、それでは今日の本題に入っていくよ。

今日は、日本の縄文時代と弥生時代についてまとめていきます。

弥生時代に関しては、

次回もまとめていくので、弥生時代に関しては前編です。

ここで、さくらっこ君に質問!

僕たちは、どのようにして過去の出来事を知ることが出来ているのでしょうか?

 

うーん、昔の人が書いた記録とかかな?

 

石田先生

そうだね。

過去の記録をもとに、歴史を学んでいるわけだね。

過去の出来事は書物や映像などいろいろなものによって記録されている。

例えば、実際に織田信長に会ったという人はもう生きてはいないよね?

だから、僕たちは織田信長についての当時の史料をもとに、彼について学んでいるんだ。

新しい史料の発見によって、

これまで学んできたことが変わることもありえるのは、そのためだね。

 

石田先生

さあ、その点で今日の縄文時代と弥生時代(前編)について考えてみると、

これらの時代は書物等による記載は大変少なく、

基本的には遺跡や遺物をもとにして学んでいくことになるんだ。

これをテストでの出題という点から考えると、

他の時代では出題されることが多い、

出来事の並び替え問題の出題は少なくなるということになる。

 

なるほど、そうなるとテストではどんなところが聞かれるのかな?

 

石田先生

良い質問だね!さくらっこ君!

これらの時代に関する問題は、特徴や生活の違いを問う形が多い

だから、これらを表にして整理して覚えておくことが出来れば問題なし!!

難しく考える必要が無い単元です。

早速、下の表で縄文時代と弥生時代のポイントを覚えてしまおう。

 

縄文時代 弥生時代
時代区分 約1万前~紀元前3世紀 縄文時代の終わり~紀元3世紀
生活 狩猟・採集が中心

終わりごろ稲作が伝わる

貝塚:ゴミ捨て場

稲作が広まる

⇒ムラを作り、定住する

高床倉庫

道具 木製

土偶:豊作を祈る

青銅器⇒祭具

→銅鐸・銅剣・銅矛

鉄器⇒武器や工具

石包丁⇒稲の穂先を刈り取る

土器 縄文土器

⇒縄目の文様

弥生土器

⇒縄文土器より薄くてかたい

住居 竪穴住居 竪穴住居
覚えるべき遺跡 三内丸山遺跡(青森県) 登呂遺跡(静岡県)

吉野ヶ里遺跡(佐賀県)

 

石田先生

これで『縄文時代と弥生時代は、表による整理でバッチリだ!』

次回は、弥生時代の続きをまとめていくね!

 

出来事の並び替え問題より、特徴や生活の違いをよく問われるんだね!

先生がまとめてくれた表を覚えて、テスト対策を固めていこうっと!!

石田先生ありがとうございました!次回がとても気になる~!

-社会
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 個別指導塾・進学塾のサクラサクセス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.